傷があっても脱毛できる?

傷があっても脱毛できるかどうかは、傷の程度によって異なります。またサロンによっても対応に差があります。あるサロンでは古い傷や傷跡でも脱毛は行わないそうです。完治しているように見えても脱毛によって傷の下の皮膚組織にトラブルを起こす可能性を否めないから、というのが理由だそうです。

 

しかしサロンによっては、傷はダメだけれども傷跡になっていれば対応可能のところもあります。傷の具合や程度によってサロンの判断は異なってきますので、カウンセリングの際に相談するようにしましょう。傷の箇所を実際に見て判断してもらったほうが確実です。脱毛はお肌にかける負担が比較的小さいと言われています。

 

しかしその負担はゼロではありません。傷の箇所への脱毛は、傷という既にダメージを受けたお肌にさらなる刺激を与えることになります。もしかしたらサロンに通い始めたあとで、傷ができることもあるかもしれません。顔の脱毛ならば吹き出物やニキビができる時もあるでしょう。

 

お肌の調子が悪いときは思いきって、施術を延期するのもよい判断でしょう。

 

女性にとってお肌は大事なものです。慎重な対応を心がけるようにしたいですね。